基板の開発、基板設計やPCB基板(プリント基板)基板のことなら株式会社さくら電子へ。

お問い合わせフォーム お電話はこちら0568-25-4811 株式会社さくら電子

お客様の喜びの声 (製品開発の事例)


「アイデアあり、図面なし」からのスタート

  

防災・減災という観点から環境・福祉・安全に役立つ製品を取り扱う。避難誘導標識や安全ヘルメット、防災防止などにLED等を組み合わせ、「発光」を用いた一段階上の安全対策を提供している。特許出願も多い 。



  

『夜間に300m以上』という驚異の視認性を実現した安全ベスト。高輝度の3色(赤・青・白)のLEDの採用とその配置、点滅パターンにより、「人の命を守る」ことにおいて、現在主流の安全ベストとは一線を画す。耐用期間も従来の約4倍と圧倒的。使い捨てで、品質保証をしないのが当然だった安全ベスト。この製品は、初の『品質保証(1年)』を実現した。反射シートは白色と黄色を揃える。

  

交通整理や建設現場などで作業者が身につける安全ベスト。これは本当に彼らの命を守っているのか?使用に満足しているのか?そこが出発点でした。
実際に声を集める「危険を感じる」「すぐにボロボロ」「不安だらけ」「安心できる良いものがほしい」などの不満が本当に多かった。そこで「視認性が高く、丈夫な安全ベスト、品質も保証する」という製品構想を描きました。
その後、多くの企業を回ってこのアイデアを説明します。すると返ってくる答えは『図面は?』というものばかり。当社は安全分野等に関するニーズはわかっているものの図面が引けない…私が用意できるのは「マンガ絵」みたいなものだけ。それでも、製品化をお願いできる企業を探しました。必死でした。

  

忘れもしません。うだる暑さの昼下がり。偶然、飛び込みで訪問したのがさくら電子です。
今まで訪問した企業とは、良い意味で全く違いました。『図面は?』と聞かれないんです。初対面で話をするのに、お互いにどんどんアイデアが広がっていく。キーワードは「今までにない製品開発」「他社製品との差別化」「付加価値の高い製品」。
ただの技術屋とは明らかに違う気迫、心意気を感じました。そして、私のアイデアに本当に賛同してくれているんだな、とうれしくなりました。

  

今回、大きな課題が3つありました
価格・不良率・情報漏洩です。安全ベストに耐久性・防水性は必須。しかも人の命を守るものなので、不良率は極限までゼロにする必要がある。やっと製品化・量産化への道筋が見えました。この3つの課題はなかなかクリアできませんでした。本当に難しい課題でした。それでもあきらめずに多くの調整をいただいたさくら電子には、心底感謝しています。


  

いける!』試作品を見た瞬間、そう思いました。一番力を入れていたLEDの視認性が抜群だったのです。当社は「発光」にこだわりがあります。これは使用環境を鑑みても最も重要な機能です。私が当初から話していた理想の製品イメージを、深いところで汲み取ってくれていることに感動しました。
『こんな安全ベスト、見たことがない』。率直な感想でした。これまでに無かった「長く使える安全ベスト」という価値を「品質保証付き」で提供できる。いよいよ販売の目途が立ちました。

  

あの時、さくら電子に飛び込んでいなければ今の展開はありませんでした。技術分野でまったくの素人である私の相談に気さくに応じていただき、結果、私の理想に全力で応えてくれました。安全分野での次の製品開発も進んでいます。今後も我々の「アイデアを形に」していただく、また「もっと良いものにする」ためのお力添えをお願いしたいですね。

世界最薄のLEDナンバープレート。

  

車のデザインが進化する中で「光るナンバープレート」の"ぶ厚さ"に問題を感じていました。ナンバープレートの中に電球を入れ込むために、どうしても厚みが出るのです。これを最新の車に取り付けようとすると、その厚みから物理的に取り付けられなかったり、またデザイン的にも美しくなくなります。そこで「薄くて光るナンバープレート」は作れないものか?というアイデアが沸きました。相談したのがさくら電子。結果LEDを用いた世界最薄の字光式ナンバープレートが完成しました。
一番のポイントは「光り方」。何度も何度も調整を重ね、本当に美しい発色になりました。すでに1万枚以上を販売し、今後の需要も期待できます。電子回路設計だけでなく、金型・樹脂成型・組立・梱包・生産管理まで…アイデアを具現化する様々なことを一手に引き受けてくれます。また何か思いついたら、さくら電子に相談ですね(笑)